ダイワハウスのWeb番組《Dの選択》に出演します!
詳細はこちら
ごあいさつ
皆様におかれましては、時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。いつもお世話になり、お礼申し上げます。
このたび、新たに私「溝畑宏」のHPを開設することにしました。よろしくお願いします。
小さい頃から行動派で自由奔放に思ったことを直ぐに実行しないと気が済まない性格ですが、そんな私がここまで明るく楽しくやってこられたのは、尊敬する両親、姉弟、祖父母などの家族、そして素晴らし友人に恵まれたおかげだと感謝しております。
大学卒業後は、総務省、北海道庁、大分県庁などで国と地方の両面で行政の仕事に携わりました。特に、述べ19年間勤務した大分県庁での地方行政の経験がその後の私の人生を運命づけたといっても過言ではありません。
その中でプロサッカーチーム(大分トリニータ)の立上げに携わり、2002年WCサッカーの招致、そして大会成功に向けて奮闘努力した日々がつい昨日のように思い出されます。特に公務員を退職して人生をかけた大分トリニータでは、ナビスコ杯で優勝するなど、地方のチームでも、大手スポンサーがいなくても、地域一丸となって努力すれば日本一になれる、ということを体験できました。
こういった経験の中で培われていったのが、「日本を元気に、地域から世界へ、地域活性化なくして日本の再生なし」という理念であります。
この理念を実現するために、観光庁長官時代には、現場主義を徹底する考えの下、各地域に積極的に足を運び、地域の志ある方々と意見交換し、施策に反映していきました。日本が真に観光立国を実現するために最も重要な国際観光の面では、外国人観光客が旅行しやすいような受け入れ環境を整備しつつ、人気アイドルグループ「嵐」を観光立国ナビゲーターに任命し、共に日本をアピールするためにアジアを中心として世界各地を奔走しました。
あの東日本大震災で東北が壊滅的被害を受けた時には、観光面からの復興の必要性を訴え、いち早く被災地を回り、人気韓国人俳優のペ=ヨンジュンの支援で救援物資を届け、慰問・対話を通じて、被災地から日本全体の再生につなげるよう、復興に向けて立ち上がる力を訴え続けました。また、レディー=ガガ、ジャスティン=ビーバー、イル=ディーヴォなどの訪日した著名人からのメッセージを活用し、安全・安心を世界に発信しました。様々な取組を通じて、被災者の皆さんが精神的に立ち直れるように観光の域を超えた活動をしてきました。
まだまだ未熟者の私ではありますが、これまでお世話になった多くの皆様に、これまでの自分の生き様、そしてこれからの歩みを報告できればと思いHPを開設しました。
このHPを通じて、引き続き皆様からのご指導 ご鞭撻を頂きながら、日本再生を、子供・孫たちへの夢、そして活力ある日本を創ることに貢献して行きたいと思います。
変わらぬご支援ご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。
HEADLINE
2017.12月
12月7日 大阪MICEディスティネーションショーケース大いに盛り上がりました!憧れの太郎ちゃんと鏡割りしました!
大阪は世界に誇れるMICE戦略都市を目指している。今日はそのショーケースのイベントを開催。
大阪は西日本、関西のハブとして、医療、もの作り、スポーツ、食などの分野を重点分野として、世界に誇れるMICE都市を目指している。
今後、IR(カジノを含む統合型リゾート),2025大阪万博誘致などにより、世界最高水準のMICE施設(10000人の国際会議場+100000㎡程度の展示施設が一体となった施設)、うめきた2期開発などによる施設の充実、官民一体となった推進体制の充実を積極的に進めている。
今日は井上観光庁参事官、仙台スポーツ庁参事官、大阪府、大阪市、経済界、スポーツ、観光など多くの政官財の関係者が出席。鏡割り、イベント、美味しい料理など大いに盛り上がった。
鏡割りでは福娘の皆様、太郎ちゃんも参加。憧れの太郎ちゃんとお会いできてとても嬉しかった!
大阪のMICEの活力、ポテンシャル、皆様のご期待を強く感じさせていただいた!!
12月6日 大阪市の日本橋で高級免税店を経営しているDOTON PLAZA、JTCの忘年会に参加。スタッフ、関係者の皆様と大いに盛り上がりました。
大阪のショッピングの免税店の外国人観光客の消費額は本年10月も過去最高を更新するなど、全国でも唯一、右肩上がりの伸びを示している。
中でも日本橋のDOTON PLAZAは5月のオープン以来、道頓堀、日本橋のショッピングの一つの拠点として国内外の多くの観光客がショッピングに来られる。
ショッピング以外にも着物の着付け、お茶の体験、人力車など体験メニューもあり、さらにスタッフ、店員が若くて元気があり、約60%が中国人、20%が韓国人で外国人観光客へも質の高いサービスを提供している。
今日の忘年会は社員、スタッフの皆様の歌、踊り、ビンゴゲームなどで大いに盛り上がり、私も歌、ダンスで一緒に楽しませていただいた。いろいろな言語が飛び交い、笑顔、笑い、活力溢れるとてもハッピーな忘年会であった。
12月1日 「植育イベント」みどりのサンタ「植・食、健康」フェスタ開会セレモニーに参加しました。大阪のみどりを増やそう!
このプロジェクトは、一般社団法人テラプロジェクトが中心となって都会に緑を復活していこうというプロジェクト。
私は幼少時代、京都で過ごした。春夏秋冬、いつも山林、緑に囲まれて、昆虫採集、川遊び、山登り、木登り、魚釣り、柿、栗、どんぐり拾いなどいつも自然、山林が遊び場所、活動拠点であった。
東京、大阪で生活していると、緑が少ないため、四季の変化、緑がもたらす癒し、潤い、リラックスを感じることが難しい。特に大阪府の1人あたり公園面積は5.6㎡(兵庫県10.9㎡、福岡県9.1㎡、東京都7.3㎡、神奈川県6.9㎡)で他の都道府県と比べて著しく低い。
みどりは地球温暖化防止、大気の浄化、集中豪雨などの都市災害の抑制、景観、やすらぎ・憩いの場の提供、賑わい創出など都市の魅力、安心安全の様々な効果をもたらす。
特に最近の子供は環境のみならす、学校、家庭で自然、緑とふれ合う機会が極端に乏しくなっている。
都市の魅力は文化、歴史とともに緑の存在は極めて重要である。
今回のプロジェクトはまさに未来の世代のために緑を増やすことを目的としている。緑のもたらすさまざまな効果、意義などを普及、啓発するとともに産学官一体となって植樹など「植育」の機会を拡充することを目的としている。
今日は緑のサンタの衣装を着て開会の挨拶。大阪の道路、河川、住宅などあらゆる場所で1人1人が緑を増やす意識を高めていただくよう、このプロジェクトを応援していきたいと思う!!今こそ未来の世代のためにも皆様、植育しましょう!!
1人1人が意識、自覚を高め、長期的にコツコツ地道に継続して行くことが必要。
2019ワールドカップラグビー、2020東京オリンピック・パラリンピック、そして大阪ではIR、2025万博誘致を推進しており、世界に対して、みどりを一層活用して都市の魅力を発信できればと思う!
2017.11月
11月27日 オリックスバファローズ、来季こそ優勝だ!!
24日、オリックスバファローズ応援感謝の会に出席しました。
オリックスバファローズは今年は残念ながら成績は4位であったが、観客動員は1試合平均約25000人、スタジアムのイベント、エンターテイメントはとても魅力的で大阪のスポーツの重要なコンテンツとして大阪を中心に国内外から多くの観客が観戦いただいている。
今年は宮崎キャンプを訪問したり、大阪観光局と業務提携をしている関係で、大阪観光局協賛デーを設けたり、大阪のスポーツによる都市魅力の向上、スポーツツーリズムを一緒に推進させていただいている。
今日のパーティーでは同級生で旧知の仲の福良監督、始球式で毎年対決するT岡田選手、内臓の疾患の中頑張っている名遊撃手の安達選手、新人で大活躍の山岡投手、生粋の大阪人の快速球投手の近藤投手、ムードメーカー宮崎選手などと楽しく歓談させていただいた。
オリックスバファローズの監督、スタッフ、選手、フロントは実力、人格とも素晴らしい集団である。
来季こそ頑張って優勝して、宮内オーナー、西名社長の胴上げ、御堂筋パレードを実現したいものだ。
頑張れ!オリックスバファローズ!
11月26日 吹田スタジアムにガンバ大阪のホーム最終戦に行きました。来季こそ優勝争い!
今年のガンバ大阪は故障者の続出などで成績は上位進出はならなかった。今日も札幌に0-1で惜敗。
サッカーは試合における精神、肉体の消耗が激しく、圧倒的な戦力を保持しない限り、好調を維持するのが難しいスポーツ。私も大分トリニータ社長時代、J1で成績が二年以上維持するのはなかなか難しかった。
試合終了後、遠藤主将が今季の悔しい思い、来季への強い思いをサポーターの前で挨拶した。来季は是非今年のセレッソ大阪のように優勝争いするチームに復活してもらいたいものだ。
吹田スタジアムはサッカー専用球技場として世界基準のスタジアムである。大阪観光局とガンバ大阪は業務協定を締結しているが、これからも一緒に大阪のスポーツによる都市魅力の向上、スポーツツーリズムの推進などに取り組んでいきたいと思う。
一年間頑張っていただいた監督、スタッフ、選手、山内社長などフロントの皆様には感謝申し上げたい。特に五年間、チームのために全力で頑張ってくれた長谷川監督には、「有難う!ご苦労様!」と申し上げたい。
今日は試合後、昔から親しい仲の札幌の野々村社長、三上GMと再会。20年前から面識がある2人にはこれからも頑張って欲しいと思う!
11月25日 浦和レッズACL優勝おめでとう!
周作、司おめでとう!浦和レッズの守護神西川周作、MF梅崎司は大分トリニータユース、トップチームで私が大分トリニータ社長時代、共に夢にチャレンジした戦友。
2人は2002年にユース入団、2005年にトップチームに昇格。2002年ワールドカップ開催、大分トリニータJ1昇格を体験しながら、大分トリニータユースの黄金時代を築いた世代の先駆者である。
ユース時代から大分トリニータで日本一、アジアチャンピオン、世界にチャレンジが2人の夢であった。
チームこそ変わったが、初心、夢にチャレンジ続けて実現した2人に、「おめでとう!感動を有難う!」と言いたい。今年は西川周作君は日本代表から外され、梅崎司君は昨年のけがからの復帰と2人は決して順風満帆の年でなかった。そんな苦しい状況を乗り越えてのアジアチャンピオンである。嬉しさもひとしおと思う。
西川周作君にはこの活躍を機に、もう一度日本代表として2018ワールドカップの舞台に立って欲しいものだ。また梅崎司君も得意のドリブルに磨きをかけて再度日本代表にチャレンジして欲しいものだ!
彼らの存在はまさに、地域から世界に通用するものを目指す地方創生の求める人材である。
11月25日 京都の紅葉、最高でした!
今日は京都のオムロンゲストハウス「怡園(旧細川別邸)」で、京都商工会議所会頭の立石義雄さん主催の「紅葉を愛でる集い」にご招待を受け出席。
集いには立石会頭の親しい皆様が集まった。山田京都府知事、門川京都市長、井上ダイキン会長、似鳥ニトリホールディングス会長、澤田HIS社長、森本日本盛社長、日本を代表するシェフの三國清三さん、稲葉幸弘さん、歌手の森山良子さん、俳優の船越英一郎さんなど素晴らしい皆様ととても充実した時間を過ごさせていただいた。
京都の紅葉はこの時期が最高に美しい。庭園で美しい紅葉を楽しみながら、素敵な皆様と美味しい食事、音楽、楽しい語らい。最高のひとときであった。
立石義雄さんは京都の経済界で京都の文化、観光を推進するリーダー。家族愛が強く、私もご家族の皆様と大変親しくお付き合いさせていただいている。
京都の美、立石義雄さんのご家族、素晴らしい仲間の皆様と素敵でとても充実した時間でした!
11月22日 岩手県陸前高田市で三陸気仙広域連携スポーツ特区推進準備協議会シンポジウムに参加。
この協議会は陸前高田市、大船渡市、住田町を中心にさらに釜石市、遠野市、花巻市、気仙沼市を広域に巻き込んで、気仙三陸沿線をスポーツ、健康、食を核としたプロジェクトを展開することを目的に設立された。
私は講演、テーマを通して、このエリアが日本ハムの大谷、西武の菊池などの一流プロ野球選手を輩出した花巻市、2019ワールドカップラグビーの開催地でかつて日本一の強豪チームの新日鉄釜石が活躍した釜石市、鹿島アントラーズを輩出した大船渡市、そして三陸海岸の景観を楽しみながらのサイクリング、マラソン、ウォーキング、トレイルランなどの魅力あるスポーツ資源など、スポーツ+αで、非常に質の高い国際スポーツ都市になれる可能性を提案。
私は陸前高田市は、震災直後から、みちのく宏旅(東北6県約1800kmを自転車で走る)などで訪問して今日は4回目になる。瓦礫で完全に市内の道路などのインフラ、庁舎、商店街、住宅、学校などが全壊、消滅している状態から見れば、国、陸前高田市の努力でかなり復興が進んでいる。
陸前高田市は東日本大震災の被災地の中でも被害が甚大で人口の約10%の約2000人の方がお亡くなりになられた。震災から6年以上たったが、まだまだ復興途上で、インフラ整備にはまだまだ時間がかかりそうである。
今日のシンポジウムに参加された岡田康義さん、熊谷耕太郎さん、金野廣悦さん、小向正吾さん、岩田智さんはいずれも震災で親族、友人を失ってる中、一生懸命に復興に取り組んでおられる。
2020東京オリンピックはまさに東日本大震災から元気に復活した日本を世界にお見せするとともに、復興のためにご協力をいただいた世界の多くの皆様に感謝の気持ちを表す場。
まだまだ東北復興の道のりが長いとともにこれからも東北復興に可能な限り貢献していきたいと思う。
11月12日 大阪・光の饗宴の開宴式に参加。
松井知事、吉村市長、すみれさん、DREAM COME TRUE 中村正人さんなどと点灯。
12月31日まで御堂筋を中心に大阪府下の市町村が会場となり、光、音楽、食をテーマに美しいライトアップ。
ライトアップした御堂筋を歩くのは最高の気分。すみれさんの素直さ、明るさ、思いやりは最高でした!
大江橋から見たライトアップ、新橋の交差点から見たライトアップ、大阪のライトアップは多くの魅力ある景観、空間を提供してくれる。
世界のパリ、ミラノ、ロンドンなど夜のイルミネーションが美しい都市があるが、大阪はそれに匹敵するポテンシャルを感じる。
国内外の家族連れ、カップルの多くの皆様に大阪のイルミネーションを見て、大阪の魅力を堪能してもらいたいものだ!
11月12日 御堂筋ランウェイ、アリソン フェリックスの400メートルラン
元メジャーリーガー 黒田博樹、斎藤隆、石井一久と少年野球チームによる400メートルリレーキャッチボール、荻野目洋子、登美丘高校ダンス部の「ダンシング・ヒーロー」ライブパフォーマンス、ダウンタウンのスペシャルランウェイなど、御堂筋を舞台にスポーツ、エンターテイメント、ダンス、ファッションショーなど大いに盛り上がりました。
大阪の世界に突き抜ける活力、エネルギー、奇抜な発想、突破力を大いに感じた。大阪は2025万博誘致、IR(カジノを含む統合型リゾート)など、世界の大阪を目指し官民あげてチャレンジしているが、そんな勢いを感じるイベントであった。会場には国内外から多くの観光客が集まり、一体となって盛り上がった!
 私も会場の盛り上がりとともに大阪の元気なおばあちゃんと一緒に踊らせていただきました!
11月11日 笑福亭鶴光さん、オリックスバファローズのダンスチームであるBsGirsの皆様とJ:COMの番組「ジモト満載 えぇ街でおま」に出演。大阪の魅力を大いに語り合いました。
大阪の観光の魅力について、関西のハブとしての大阪のポテンシャル、食文化、建物、水都、スポーツなどの魅力、周遊パスが大変便利であること、大阪城が歴史的施設からイベント、レストランなど集客施設としてのイノベーションを積極的に行っていることなどを現場からの中継を交えて収録。番組を通じて大阪の魅力、大阪が世界のトップレベルの国際観光都市を目指していることを理解していただいたと思う。
大阪観光局とオリックスバファローズはスポーツツーリズムの推進、スポーツによるまちづくり、都市のブランド力の向上のため業務提携の協定を締結している。BsGirlsはオリックスバファローズのダンスチームとして試合でのダンス、イベントの参加などによりオリックスバファローズの顔として頑張っていただいている。
番組において司会の鶴光さんの頭の切れ、ユーモアのセンス、ストレートなギャグ、田口万莉さんの気配り、頭の回転、BsGirlsのCHALさん、AOIさん、MIYUさんの明るさ、可愛らしさ、礼儀正しさ、最高でした!
私も鶴光さんのギャグに便乗したり、BsGirlsの皆様と一緒に踊ったり、ノリノリであった。鶴光さんとはまた他の番組にご一緒したいし、BsGirlsの全国での活躍、そして来季こそオリックスバファローズの優勝を願いたい!
11月9日 妖精は日本のクールジャパン。私もお笑い系妖精(可愛くなくてすみません)になりました!! 美しく、可愛い妖精たちと戯れました。
先日の大阪淀川マラソンで、大会運営を担当している、日本一妖精を研究している亀井さんの企画で、妖精の空間を楽しませていただいた。
妖精は欧州を中心によく物語、アニメに登場するが日本でも妖怪とともに自然の守り神、環境保全のシンボルとして国民に愛された存在である。
マラソンの大会運営の中で妖精は大会の雰囲気を和ましてくれ、あらためて日本のクールジャパンのコンテンツとしての魅力を感じた。今後、クールジャパンとして日本の地域の魅力、観光資源のブランド化などに活用していきたいと思う。
次回はもっと美しい妖精になるようチャレンジしたいと思う!
11月7日 大阪の道頓堀のお寿司屋の大起水産でマグロ解体ショーに参加。
大阪は食の都。いわゆるたこ焼き、お好み焼き以外にも、割烹、寿司、焼肉、ラーメン、カレー、スウィーツ、和菓子など、安くて美味しいという意味では日本一といえる。
昨年は大阪には約940万人の外国人観光客が訪問していただいたが、その満足度、期待度が一番高かったのが「食」である。
大阪観光局は本年7月に中国一の旅行インターネット会社Ctripと業務協定を締結して、中国の3億人の会員に対して情報発信することが可能になった。今日はCtripと連携して大阪の食をテーマに中国の大食い芸人と一緒にアピールする企画を行った。
その中で私は寿司屋の大起水産でマグロ解体ショーに参加。マグロ解体は予想以上にパワー、テクニックが必要だった。自分で切ったマグロ、トロは最高に美味しかった!
今日は多くの外国人観光客がショーを見に来られ、Ctripがライブで中継。Ctripの約200万人の顧客の皆様に大阪の食の魅力をアピールできたとのこと。
これからもSNSを活用して積極的に大阪の魅力を世界に発信していきたいと思う。
11月5日 第21回大阪・淀川マラソンにスターターとして高橋尚子さんなどと一緒に参加しました!
今日は快晴で最高のコンディションの中、北は北海道、南は鹿児島まで国内外から約14000人、年齢は10代から70代まで幅広い世代のランナーの皆様が参加。タイムもフルマラソンの男子の優勝タイムが2時間20分代の好タイム。女子はフルマラソンの女子の優勝タイムは3時間を少し超すタイムで50代の方であった。フルマラソンの上位には50代の方の健闘が目立ち、あらためてこのマラソンの質の向上、市民マラソンとしての魅力を感じた。
私も高橋尚子さんも5年前から大会に関わり、私は大会顧問、高橋尚子さんはランナーと一緒に走ったり、ハイタッチをして大会の運営に大変貢献いただいている。今日も午前中から夕方までほとんど食事をせず、多くのランナーと交流していただいた。金メダリストにも関わらず、いつも礼儀正しく、明るく、謙虚な素晴らしい方である。
このマラソン大会は地域密着型の市民マラソンであるが、大会実行委員長でこの大会の産みの親である須知さんはこの大会を国際大会に発展させたいという大きな夢がある。
これからも大会関係者の皆様、高橋尚子さんと一緒にこのマラソンの国際化に向けて取り組んでいきたいいと思う。
今年はハードスケジュールのため走らなかったが、来年は是非フルマラソンに挑戦したいと思う!
11月3日 セレッソ大阪、Jリーグカップ優勝おめでとう!
セレッソ大阪が川崎フロンターレを2-0で下し、念願の初タイトルを獲得。セレッソ大阪の尹監督、清武選手とは大分トリニータ時代から長い付き合いがあり、フロントの大熊強化部長、森島君はかつて何度となく対決した関係。大分トリニータ時代苦楽を共にした村田君、高橋君がコーチでお世話になっている。
また大阪観光局とセレッソ大阪は、スポーツによる都市のブランド力の向上、スポーツツーリズムの推進のため業務協定を締結して、さまざまな分野で協力して事業を行っている関係である。
セレッソ大阪の優勝は大阪の府民、市民に元気を与えるとともに、J1昇格1年目で優勝した監督、選手、フロントの皆様の努力、一体感は素晴らしいものだと思う。特にチームを1年で掌握、鍛え上げた尹監督のマネジメント、戦術眼は卓越したものがあると思う。この勢いで残りのリーグ戦、天皇杯もチャンピオンを目指してもらいたいものだ。
私個人も、9年前、前年の残留争いを乗り越え、大分トリニータ社長時代、Jリーグカップ決勝で、清水エスパルスに金崎の2アシスト、高松、ウェズレーのゴールで2-0で勝ち、監督、選手、スタッフ、フロント、サポーターと喜びを分かちあったことを思い出した。
ゼロから日本一を目指して苦節14年で夢を達成した時の喜びは何にも変えがたいまさに究極の至福である。あらためてハングリー精神を持って夢にチャレンジする尊さを強く感じた。
11月3日 韓国平昌冬季オリンピック・パラリンピックまであと88日。開催地の平昌に隣接する春川(チュンチャン)で、観光親善大使として、崔江原道知事、フィギュアの安藤美姫さん、フィリピンでカリスマMCとして活躍のライアン・バンさんと大会開催に向けてPRを含めた記者会見を行った。
2019ワールドカップラグビーの抽選が行われスケジュール、会場が決まり、2020東京オリンピック・パラリンピックも開催まで1000日を切った。
お隣の韓国でも来年2月9日に江原道平昌で冬季オリンピック・パラリンピックが開催されるにも関わらず、政治的な問題も絡み、まだ日本国内での盛り上がりは残念ながらまだまだ乏しい。
私は2002年ワールドカップサッカー日韓共催、Jリーグ大分トリニータ社長時代、観光庁長官時代から今に至るまで文化、スポーツ、観光、学術など多くの分野で韓国の皆様とは交流があり、大変お世話になった。今回の韓国訪問は91回目になり、おかげさまで多くの知人、友人に恵まれた。
大阪は韓国とは交流の歴史が長く、昨年の訪日した韓国の観光客数は日本一の158万人である。
今回のオリンピック・パラリンピックの開催地の平昌のある江原道は歴史、文化、自然、スポーツなど魅力ある観光資源が豊富にある。例えば、冬のソナタの撮影地で有名なナミソム、江陵(カンヌん)のコーヒー通り、烏竹軒(オジュッコン)、平昌の伝統飲食文化体験館、数々の市場、タッカルビ、チョダンスンドゥブなどの料理など魅力たっぷりである。
同じく観光親善大使に任命された安藤美姫さんは周りに対する気配り、思いやりは最高で、特にオリンピック、スポーツに対する思いが非常に強かった。大会開催まであと98日。これからも一緒に平昌オリンピック・パラリンピックの成功、開催地である江原道のPRなどに協力して、日韓交流、大阪と韓国との交流などに貢献していきたいと思う。
2017.10月
10月31日 大阪のミナミ、ハロウィーンの聖地だ!!忍者50人で大いに盛り上がりました。
ミナミのハロウィーンはとてもフレンドリー。一体感があり、外国人観光客、子供からお年寄りまで一緒に語り合い、写真を取って楽しむ。
今日は忍者姿で約50人のメンバーが、大阪を中心に甲賀、東京などから集まり、大変楽しく盛り上がった。
今日はこのメンバーで忍者の忍び歩き、忍者の忍術、ちゃんばら、船上の忍者のパフォーマンスなど忍者盛りだくさん。
忍者は大阪は大阪城、近隣に伊賀、甲賀、和歌山など忍者の歴史、伝統のある都市がたくさんある。
ミナミのハロウィーンはとてもフレンドリーで、おもてなし、思いやり精神満点。外国人観光客、子供から大人まで楽しく声をかけ、挨拶して、写真を取り楽しむ。とても安心、安全、心温まるひとときであった。
渋谷のハロウィーンもいいが、大阪のミナミのハロウィーンは最高!!
10月22日 大相撲なにわ場所、相撲の魅力を大いに体感しました。相撲は日本の大切な国技、もっと相撲の活性化、普及に貢献していきたいと思う。
今日は大阪府立体育館で開催された、大相撲なにわ場所を観戦。相撲は世界の観光客の参加、体験のコンテンツとして一番人気があり、また大阪は歴史的にも日本で有数の相撲好きの文化が根付いていることから、大阪観光局はこの大相撲なにわ場所を後援という立場で積極的に協力させていただいている。
今日は台風接近の暴風雨にも関わらず、満員御礼。子供からお年寄りまで幅広い世代の方が熱心に観戦。
相撲甚句、初切(しょっきり)、幕内土俵入り、取組、横綱土俵入り、取組などあらためて相撲の持つ歴史、文化、伝統、魅力を感じた。特に横綱のもつ美しさ、壮麗な容姿、オーラに感動。
私は子供の頃から砂場で仲間と相撲を取り、その時代は子供の交流、コミュニケーション、体力の増強、礼節を学ぶ重要な機会になっていた。最近は子供が相撲を取る機会がどんどん減り、全国の中学高校の相撲部はどんどん廃部になっている。
今後、相撲を世界に誇れるスポーツ、文化のコンテンツとして、官民一体となって、大相撲協会と連携して、大阪から相撲の国内外への発信、スポーツツーリズム、相撲の普及などに取り組んでいきたいと思う。
10月21日 道頓堀リバーフェスティバル2017オープニングセレモニーに参加しました!道頓堀は日本のパワースポットです。
今日は道頓堀リバーフェスティバルのオープニングセレモニーに参加。道頓堀リバーフェスティバルは一般社団法人大阪活性化事業実行委員会が主催して、官民一体となって開催。
ダンス、コンサート、食、アート、ジャズ、コスプレなど大阪の魅力ある多様なイベントが開催される。
大阪は訪阪外国人旅行客数が、2013年262万人、2014年376万人、2015年716万人、2016年 941万人と急増しており、今年も1000万人を超えるのも確実な状況である。
今年のタイム誌で世界で訪問したい都市の中にランキングインしたり、イギリスの旅行雑誌の中で世界の魅力ある観光都市の世界第8位、エコノミスト誌では世界の健康、安全都市の第1位になるなど、世界の国際観光都市として確実に認知度が高まっている。
2016年大阪に訪問する外国人旅行客のうち約7割の約700万人の外国人旅行客がミナミエリア(難波、心斎橋)を訪問しており、特に道頓堀は世界のパワースポットの存在になっている。
道頓堀は食、ショッピング、水都、文化・エンターテイメント、そして何よりも大阪の皆様の思いやり、あたたかいおもてなし、活力が大きな魅力になっている。
今日はこのイベントのリーダーである千田 忠司理事長の挨拶から始まり、松井知事、吉村市長のあとに挨拶。残念ながら雨であったが、多くのお客様が来ていただいた。
大阪は2019ワールドカップラグビー、2020東京オリンピック、2021関西ワールドマスターズを控え、さらに2025大阪万博、IR(カジノを含む統合型リゾートを誘致するなど、世界の大阪に向けて官民一体となってチャレンジしている。
景気は「気」からといわれるとおり、道頓堀に象徴される元気、活力が大阪に世界からヒト、モノ、金が集まるエンジンになると思う。
今年のハロウィーンは是非道頓堀を全国のハロウィーンの聖地にしたいと思う。
10月19日 大東市の摂津倉庫を訪問。大東市を相撲の聖地に!!
今日は大東市の摂津倉庫を訪問。摂津倉庫には本物の常設の土俵があり、定期的に相撲の練習、教室が行われている。
摂津倉庫の浅野社長はお父様の時から大変相撲に理解があり、多くの力士の世話をされてきた。中でも横綱 白鵬関が初めて日本に来たとき、関西国際空港に白鵬を迎えに行ったのが浅野社長のお父様であり、今に至るまで、白鵬関を積極的にサポートを続けられている。白鵬関も大東市を第二の故郷のように思われているようであり、年に数回、大東市を訪れているようで、私も先日同席させていただいた。
大東市では学校跡地を活用して相撲記念館を作る構想があり、浅野社長を中心に検討が進められている。
大東市長も大東市を相撲の聖地、白鵬関の第二の故郷として国内外から集客できる拠点を作りたい考えがある。
相撲は日本が世界に誇れるコンテンツ。今後、浅野社長が頑張って推進している大東市のプロジェクトを、積極的に応援していきたいと思う。
私は大の相撲好き。摂津倉庫の土俵で、四股を踏み、塩を巻き、相撲空間を大いに満喫させていただいた。
10月13日 新疆写真展開会式に出席しました!
今日はあべのハルカスで、中国駐大阪総領事主催の新疆写真展開会式に出席。今日は大阪総領事の李 天然さんのご招待で出席して、スピーチのあとは、大阪府議会議長の今井豊議長などとともにテープカット。
新疆ウイグル自治区は古代シルクロードの要衝、東西文化の交流で繁栄し、氷河、雪山、草原、オアシス、蜃気楼などの壮麗な自然風景、天山天池、新疆じゅうたん、新疆宝石、果物、羊料理など魅力的な観光資源がたくさんある。
テレビなどで何度も見る機会があってもまだ私は行ったことがない。
今年は日中国交正常化45周年、関西国際空港からは週7便、青島経由でウルムチに飛行機が飛んでいる。
是非これを機に行って、ユーラシア大陸の雄大さ、歴史、文化の交流を体験してみたいものだ。
10月7日 大阪の新しい風物詩、大阪城本丸薪能2017 最高です!!
本日から9日まで大阪城本丸で夕方6時から薪能の舞台公演が開催される。
大阪のランドマークである大阪城をバックに伝統的文化である薪能が披露される空間は、月夜の中、とても美しく情緒がある。
今日は約600人のお客様で満員で大変盛り上がった。大阪の風物詩として是非多くの皆様に鑑賞していただきたいし、これからもこのようなチャレンジを応援していきたいと思う。
大阪城は世界の名だたる城を目指し、文化財、歴史的施設から近年、歌舞伎、プール、USJとの連携イベント、トライアスロンなどエンターテイメント、文化、観光施設として積極的な利活用が行われている。
世界の大阪城を目指し、オール大阪でチャレンジしていきたい!
2017.9月
9月23日 フィギュア安藤美姫さんたちと一緒に来年2月の韓国平昌で開催される冬季オリンピック・パラリンピックのPRイベントに参加しました!
今日は東京ビッグサイトで来年2月の韓国平昌オリンピック・パラリンピックのPRイベントに参加。
今日はオリンピック・パラリンピックの李委員長から、そして開催地の江原道 崔知事から正式に観光広報大使の任命を受け、平昌オリンピック・パラリンピックのPRのミッションを受けた。
私は2002年日韓共催のワールドカップサッカーの組織委員会理事、大分トリニータの経営、強化、立命館アジア太平洋大学の留学生確保、観光庁長官時代、現在の大阪観光局理事長に至るまで韓国の皆様にはスポーツ、文化、観光などで大変お世話になり、多くの交流、友人に恵まれた。すでに韓国は通算90回訪問している。特に大阪は韓国との観光、文化、スポーツの交流の絆は強く、昨年は韓国人観光客約150万人(日本一)が大阪に訪問していただいている。
韓国平昌は12月に鉄道開通すると、ソウルから約1時間まで到着できる。まさに東京、大阪の空港から約3時間で到着できる。
平昌のある江原道は雄大な景色、伝統的な料理、歴史的な遺産、美しい自然など魅力あふれる地域。 平昌オリンピック・パラリンピックの大会により日韓の地域間の交流、このエリアの魅力が日本をはじめ海外の多くの方に認知されることに貢献したいと思う。
今日はマスコットの着ぐるみを着てサプライズで登場後、安藤美姫さん、李組織委員会委員長、江原道 崔知事とトークショー。
安藤美姫さんは礼儀正しく、優しく、思いやりがあるとても素敵な方。平昌オリンピック・パラリンピックの成功に向けて熱い思いをお持ちである。
平昌オリンピック・パラリンピックまで約4ヵ月。これからも安藤美姫さんたちと一緒に韓国平昌オリンピック・パラリンピックの成功に向けて可能な限り貢献していきたいと思う。
9月22日 東京駅最寄りの「丸の内 KITTE」で辰巳琢郎さんとトークショーしました。
今日は関西の鉄道事業者、地方自治体などが共同で開催した「関西の魅力発信プロジェクト」で、辰巳琢郎さんと関西の魅力、課題、今後の戦略、発信などについて大いに語り合った。 辰巳琢郎さんは大阪出身、「食いしん坊!万才」、「あさが来た」などテレビ、ドラマ、舞台などで活躍されて来た。とてもユーモア、義理人情、地域愛の強い素晴らしい方。
辰巳琢郎さんとは私が観光庁長官、観光庁アドバイザーとして、日本の地域の魅力のブランド化、食文化のブランド化、特に東日本大震災の際は東北復興、風評被害対策などに大変ご尽力いただいた。
今回のイベントでは西国分巡礼、関西鉄道沿線魅力、阿波おどり、大阪プロスポーツの紹介、関西ワールドマスターズ、2025万博誘致などのイベント、PRなど盛りだくさんであった。
これからも辰巳琢郎さんと一緒に関西、大阪を盛り上げていきたい!
9月21日 創業49年、84歳のママが頑張る、心斎橋の喫茶アトラスに行きました!ママは大阪の元気、おもてなしの女性の鑑です!
今日は大阪観光局から徒歩2分の、心斎橋のレジェンド喫茶アトラスに行きました。ママは昭和7年10月15日生まれ。84歳であるが、毎日店にきて懸命に食事を作ったりお客様におもてなし。
来年4月で創業50年。ママは創業以来、お客様とのコミュニケーション、義理人情を大切に昔の喫茶店文化を誇りに頑張っておられる。周囲にコンビニ、喫茶のチェーン店が増え、経営は大変厳しいようであるが、昔の喫茶店文化を守るべく、いつ行っても温かい言葉をかけてくれる。このような店は最近かなり閉店が増えているようでとても貴重な存在。
この名物ママ、そしておすすめのピラフ、オムライスを是非皆様、体験していただきたい。そしてママには体力の続く限り、頑張ってもらいたい!
9月11日 大阪府東大阪市で「東大阪のビジョンを考える会」で講演、皆様と大いに語り合いました。
今日は東大阪市で「東大阪のビジョンを考える会」に参加。講演後、参加者の皆様と大いに語り合った。
東大阪市は人口50万人強、日本のもの作りのリーダー的な存在として、日本の産業振興に大きく貢献。40年前は日本の「針金」の生産の半分近くを生産。市内には50年以上の歴史を誇る工場がたくさんある。
また東大阪市は全国の高校ラグビーの聖地として、長年に渡り、花園ラグビー場は100年近く高校選手権が開催されてきた。2019年ワールドカップラグビー場も花園ラグビー場で開催される。
また近畿大学、大阪商業大学など大学生の多い都市である。
今日の会議では東大阪市のもの作りをブランド化して国内外に発信、2019ワールドカップラグビーを見据えた観光戦略、大学生、留学生の積極的な活用などにより、東大阪市をもの作り、ラグビーを中心に世界に誇れる都市にしていこうということで大いに盛り上がった。
まずは東大阪市の市民一人一人が、「もの作り」、「ラグビー」に関心、参加するような地道な取り組みが大切であると思う。これからも東大阪市の活性化のために協力していきたいと思う!
注)ラグビー場は写真1が現在の花園ラグビー場、写真2は花園ラグビー場の将来構想のイメージ図
9月4日 北海道蘭越町に行きました。蘭越町は奥ニセコ、お米などの食、7つの温泉郷など魅力たっぷりです!
蘭越町の金 秀行町長とは私が総務省から北海道庁に出向した時代から30年以上のお付き合い。
蘭越町は毎年、「米-1グランプリ」が開催されるなど、「らんこし米」、トマト、メロンなど質量ともに高いレベルの食、尻別川から見た美しい田園風景、湯本温泉郷の大湯沼など7つの温泉郷、国内外の1500種、5000点が展示されている「貝の館」など魅力ある観光資源が豊富にある。
今後、地理的に隣接しているニセコ町、倶知安町などと連携を取り、奥ニセコとして、食、温泉のブランド力を高めれば、十分世界に誇れる地域になると思う。2030年には北海道新幹線が札幌まで延伸されるが、倶知安駅が新幹線でを通ることになり、このエリアは新幹線が延伸されれば、関東圏、東北圏との関係が深まり、経済的にも大きな飛躍の可能性を秘めている。
30年以上たっても義理人情に厚く、今回は視察、講演に招いていただき、またわざわざクワガタまでお土産に用意していただいた金 秀行町長など関係者の皆様、羊蹄山、昆布岳をバックにした美しい風景、7つの温泉郷、貝の館で見た可愛い「クリオネ」、美味しかった「らんこしアイスクリーム」など蘭越の魅力をたっぷり感じさせていただいた。
2017.8月
8月31日 大阪に世界最高水準の成長型IR(カジノを含む統合型リゾート)を!大阪IR基本構想中間骨子をまとめました。
今日は第5回IR推進会議を開催して、①大阪、関西、、日本観光の要となる独創性に富む国際的エンターテイメント拠点の形成、②世界水準の競争力を備えたオールインワンMICE拠点の形成、③世界に類を見ない魅力ある空間形成、最先端の技術の活用によるスマートリゾートの実現、④世界の先進事例を進化させた総合的な懸念事項対策を基本的な柱とする世界最高水準の成長型IRを基本コンセプトとする中間骨子を発表。
IRは民説設民営のプロジェクトで、MICE施設(国際会議場、国際展示場)、エンターテイメント施設、宿泊・飲食・商業施設、カジノ施設が一体となって運営される施設で、国際観光の推進、MICE機能の強化、文化振興、都市基盤の整備、地域経済の活性化など、大阪の魅力ある国際観光都市の形成、成長戦略の起爆剤として大きな効果が期待される。しかし、一方でカジノを一部含むことからギャンブル依存症、治安、青少年の健全育成など課題、懸念があるのも事実である。
私は観光庁長官時代から今に至るまで、IRを成長戦略、観光立国の起爆剤としてメリットを最大限いかし、デメリットを最小限に抑制して、積極的に推進するスタンスである。
今は大阪IR推進会議の座長として、政府と連携をとりながら、大阪府、大阪市、経済界が一体となってIRの基本構想の作成を行っている。
IRはこの秋の臨時国会で実施法が審議される予定で順調にいけば2024年には夢州にオープンする予定である。
大阪は2025万博誘致にもチャレンジしている。IR、万博誘致が決まれば、東京一極集中に対して、大阪が日本の二極の一極を担うことが期待されると思う。
8月30日 日本最北端の地 稚内市に来ました。30年以上の長いお付き合いの稚内市福祉部長の岡田睦良さんにお会いしました!
今日は日本最北端の稚内市に来ました。
稚内市はサハリンまでわずか約40キロの日本最北端の都市。宗谷岬、ノシャップ岬からはサハリンを見ることができた。
サハリンは戦前は日本人が約40万人居住していた。稚内市とサハリンは経済交流が20年以上、フェリー船が行き来している。
稚内市は、雄大な景色、カニ、ホタテ、昆布、ウニ、ホッケなどの食材、周囲には利尻島、礼文島があり、何よりも今後、サハリンとの交流など、ロシアの玄関口としてポテンシャルの高い地域と思う。私は韓国釜山と九州佐賀県唐津市をトンネルで結ぶ日韓トンネルのプロジェクトに関わっているが、将来、宗谷岬とサハリンがトンネルを開通することを夢見たいものだ!
道の駅では安くて美味しい魚介類がたくさんあり、ソフトクリームも最高に美味しかった。
夕方は工藤稚内市長とお会いしたあと、地方自治体、経済界の皆様と講演、懇親会。30年以上の長いお付き合いの稚内市岡田睦良部長とお会いできてとても嬉しかった。
総務省から北海道庁に出向時代に出会った多くの皆様と30年以上たっても親しくお付き合いできることをとても幸せに思う!
8月29日 今日は北海道浜頓別町。30年ぶりに佐藤 照幸さんにお会いしました!クッチャロ湖、とても美しかったです。ミヤマクワガタいただきました。
今日はオホーツク海を見ながら、浜頓別町に行きました。
浜頓別町は周囲約30キロ、春と秋には約5000羽の白鳥が訪れる広大で美しい湖があるが、夕暮れのクッチャロ湖はとても美しかった。
今日は私が北海道庁に出向時代、大変お世話になった浜頓別町総務課長の佐藤照幸さんと30年ぶりの再会。
佐藤照幸さんと一緒に夜、懇親会。楽しい語らいと共に、わざわざ、私にミヤマクワガタを持ってきていただいた。
30年たっても変わらぬお付き合いのできることをとても幸せに思う!
注:集合写真の私の正面から右が佐藤照幸さん
8月29日 義理人情の渡邊清掃株式会社の藤本 達也社長、社員の皆様有難うございます!
今回の北海道中標津町、別海町、浜頓別町、稚内市の行程などを昨年からコーディネートいただいたのが渡邊清掃株式会社の藤本 達也社長。北海道、別海町、根室釧路エリアへの思い入れが強い、素晴らしい若手経営者。
今日は午前7時半から朝礼に同席させていただいたが、全社員の元気な挨拶、会社の理念、会社の行動規範、社員の健康状態のチェックなどを確認するとても有意義な朝礼でとても勉強になった。
情熱あふれる、経営ビジョン「別海発、日本一のお役立ち企業になる!」を持ち、社員をこよなく愛する藤本社長のリーダーシップの下、活力、明るさあふれ、チームワーク抜群のこのような会社がローカルから世界に成長する企業に成長してもらいたいものだ。
8月28日 北海道別海町のホテルMAG・HOUSEの12歳のゴールデンレッドリバーのBUZZちゃん、とても癒されました。
北海道別海町ではホテルMAG・HOUSEに宿泊したが、とてもホスビタリティーあふれる素晴らしいホテルであった。
中でもホテルのアイドルBUZZちゃんは愛嬌満点。12歳で足が悪いにも関わらず、頑張って愛嬌を振りまいてくれていた。
いつまでも長生きしてもらいたいものだ!!
8月27日 北海道の海と大地の恵みに満ちた、ワンダーランド北海道別海町に来ました。
今日はかつての奥行臼駅の蒸気機関車を視察。15メートルほど走行できるが、蒸気機関車の上でポーズ。
その後、ラムサール条約登録湿地で、豊かな花畑である原生花園、トドワラ・ナラワラ、野鳥(日本の約40%が生息)、シマエビなど自然の宝庫。今日はクルージングで景観を楽しんでいたところ、アザラシが愛嬌たっぷりに挨拶。枚方市出身の神部さんにユーモアたっぷりのガイドをしていただき、おおいに楽しませていただいた。
野付半島は北海道庁出向時代にも2回訪れたが、何度訪ねても大きな感動を与えてくれる世界レベルの自然環境である。
午後はべっかい乳業興社を訪問。別海町は生乳生産日本一、乳牛・肉牛11万tの酪農王国。興社ではバター作りに挑戦。なかなか旨かった!何よりも新鮮な生乳たっぷりのソフトクリームは最高に美味しかった!別海町も中標津町のソフトクリームはアイスクリーム大好きの私から見て世界レベルと思う。このエリアを「ソフト・アイスクリームの聖地」にしたいものだ。

北海道と言えば、放牧の風景がシンボリックなイメージであるが、年々機械化が進み、手間、コストがかかる放牧農家が減少しているとのこと。今後放牧農家への支援、協力も必要になるかと思う。
夕方は根室釧路エリアの中小企業化同友会の皆様を対象に、観光と地方創生をテーマに講演。講演後は関係者の皆様と今後のエリアの将来について熱く語りあった。
このエリアの世界レベルの景観、自然、酪農・魚・野菜などの食をブランド化して、世界に突き抜けた観光エリアになるよう、官民あげて取り組むことについてとても有意義な話ができた。
8月27日 北海道中標津町に来ました。開陽台から見た雄大な風景、最高でした。国後島が見えました!
今日は北海道中標津町に来ました。中標津町は知床、阿寒、釧路湿原など多くの魅力ある観光地の玄関口。
中標津町の西村町長とは、関西国際空港と中標津空港との間にFDAのチャーター便が就航してから親しくお付き合いさせていただいている。
今日は中標津空港で西村町長と食事をして、標高270メートル、330度の眺望で地球が丸く見え、知床、国後島、草原の景観が果てしなく続く「開陽台」に行った。
開陽台から見れる雄大な景色は最高に心を癒してくれる。特に夜は大粒の星が降り注ぎ、最高のスペースファンタジーを演出してくれる。恋人と一緒に行くのに最高の場であると思う。
開陽台のカフェで食べた自家製のハチミツ入りのソフトクリームはとても美味しかった。開陽台の美しい景観、ソフトクリームのあとは幸福を呼ぶ鐘を3回鳴らした。いいことありますように!
開陽台の次に佐伯牧場の荒川版画美術館を訪問。牧場の古いサイロを活用した、版画、木工品などの美術品を展示した美術館。牧場の景観、草原、森林にマッチしており、宿泊施設、カフェもあり、若い芸術家などが集う魅力ある施設になっている。
夜、講演後は町長、経済界の皆様と楽しい語らい。
中標津には約70キロのトレイルの「北根室ランチウェイ」がある、開陽台、草原、牧場、温泉などのとても魅力あるコース。いつかチャレンジしてみたいと思う。
中標津は今後、中標津空港のLCCの誘致、定期便の開設、二次交通の整備などにより、将来的に北方領土との交流、世界に誇れる観光資源を有する根室釧路エリアの玄関口になってもらいたいと思う。
8月26日 第一回 大阪泉州夏祭り2017 Supported by たかじんAWARD で挨拶しました。
やしき たかじんさん有難う!
今日は大阪府泉南市の樽井サザンビーチを舞台に、音楽、グルメ、車両展示会、そして13年ぶりに復活する花火大会を同時に楽しめる第一回大阪泉州夏祭り2017の花火大会のオープニングに挨拶。私の挨拶のあとはサプライズで岡村隆司さんがDJで登場。
音楽、光の中、約30000人の皆様が美しい花火を見ながら音楽、ダンスで最高に盛り上がった。
この花火大会は亡くなったやしき たかじんさんの残された資産のサポートからなり立っており、亡くなったやしきたかじんさんも天国からこの花火を喜んでくれたと思う。
今回の花火大会は中国メディアでもPR、放映され、多くの外国人観光客が花火などを楽しんでおられた。
大阪は24時間観光都市、ナイトエンターテイメントの強化を重要な課題としており、今日の大阪泉州夏祭りは世界に誇れる祭りに成長する可能性があると思う。
あらためて大阪、祭り、花火を愛されたやしきたかじんさんに感謝するとともに、これからもやしきたかじんさんの遺志を大切にして大阪泉州夏祭りを応援していきたいと思う。
8月26日 播野 功憲君、三角 彩華さんの結婚式に出席。
今日は大阪で新郎のお父様播野 武史さん(ブレイントラスト社長)と親しくしているご縁から結婚式に出席。知人、友人が大半のとても心温まる結婚式。手作り感のある、幸せ感たっぷりであった。
今日は乾杯の挨拶。結婚式は地域の歴史、風土、食文化などを発揮でき、まさに観光、地方創生に貢献できる。私は日本ブライダル協会顧問として、桂由美さんと一緒に日本各地域で地域の個性に合った結婚式のプロジェクトを推進しているが、いつか、桂由美さんにプロデュースしていただき、世界一幸せな結婚式をあげたいものだ!
8月26日 お台場みんなの夢大陸で銀シャリ、モズやん、澤田さん、オリックスバファローズのBs ガールと2025大阪万博をアピールしました!
今日はお台場みんなの夢大陸でフジテレビ本社前のステージで2025大阪万博をアピール。万博は来年11月にパリ、ロシアなどとの競争の上決定するが、まさに世界中の課題であるとともに日本、特に関西、大阪の強みである健康をテーマとして立候補を表明。関西、大阪のロボット、AIなど最先端の技術、医療、美容、スポーツ、食、笑いなどエンターテイメントは世界に誇れるもの。
今後は競合国との競争に勝つとともに、国内の世論の盛り上がりが課題。
今日は関東エリアのアピールのためお台場みんなの夢大陸でフジテレビ本社前のステージで銀シャリ、モズやん、澤田さん、オリックスバファローズのBs ガールと一緒にアピール。
私もBsガールと踊るなどフルパワーでアピール。開催決定まであと約一年、日本各地域で2025大阪万博誘致の機運が盛り上がるよう、頑張っていきたいと思う。
8月25日 北海道北竜町の向日葵畑、最高にきれいでした!
今日は北海道北竜町に行き、佐野町長など北竜町の皆様と打ち合わせ後、向日葵畑を視察。
私は3年前から町長からひまわり観光大使に任命していただき、北竜町のひまわりによる町づくりをサポートさせていただいている。
数年前から日本一広大なひまわり畑23haを町民の皆様の手作りで作り、イベント、マラソン、オイル、スウィーツなど地域の個性を活かした取り組みを積極的にされている。

今年はひまわり祭りは約36万人の入場者数、そして桂由美さんのアドバイスで今年はひまわり畑の前で今年は5組のウェディング(昨年は1組)が行われ、オイル、クッキー、ケーキ、ソフトクリームなどのスウィーツも順調に売れ行きが伸びている。台湾のSNSでも日本で印象にのこる風景の一位になるなど、ひまわりを核に北海道北竜町から世界へのチャレンジは着実に成果が上がっている。
これからも北海道北竜町のチャレンジをサポートしていきたいと思う。
8月18日 平昌冬季オリンピック・パラリンピックまであと175日。韓国江原道 平昌に行って来ました。
今日は来年2月9日から冬季オリンピック・パラリンピックが開催される韓国の平昌に来た。
平昌は6年前、私が観光庁長官時代、日中韓観光大臣会合が開催された。その際の開催地の知事でお世話になったのが、江原道の崔知事。とても温厚、明るく、優しい方でそれ以来、大変親しくお付き合いされている。また私が大分トリニータ社長時代、大変お世話になったマルハン韓会長も崔知事とは大変親しい関係で、韓会長は今江原道の名誉知事をされている。
今回はオリンピック・パラリンピック組織委員会の李会長、江原道の崔知事など、オリンピック・パラリンピックの関係者、江原道の観光、オリンピックの関係者の皆様とミーティング、そしてオリンピック施設、広報館、スキーミュージアムなどを視察させていただいた。オリンピック施設のジャンプ、スケート施設はクォリティーが高く、施設がとてもコンパクトに集積していた。
私は今回が韓国訪問90回目。2002年日韓共催ワールドカップサッカー、大分トリニータの育成、強化、立命館アジア太平洋大学の開学に向けての留学生の確保、観光庁長官時代など公私ともに大変お世話になり、皇甫 官、朴 景浩さん、鄭 夢準さんなど多くの素晴らしい友人、知人に出会った。
今韓国は北朝鮮のミサイル問題など難しい状況にあるが、アジアの発展のためには日韓交流の強化、発展が必要不可欠であると思う。
インバウンドでは昨年韓国から509万人の観光客が日本を訪問して、そのうち158万人が大阪を訪問していただいており、この数は東京(117万人)を抜いて日本一である。
今回の訪問で、組織委員会の李会長、江原道の崔知事から平昌オリンピック・パラリンピックのアピール、日本における認知度向上の要請を受けた。
オリンピック・パラリンピック開催まで6ヵ月を切る中、私もそして韓国の観光客が日本一訪問していただいている大阪観光局の立場としても平昌オリンピック・パラリンピック開催の成功に貢献、協力していきたいと思う。オリンピック開催で2002年のようにスポーツ、文化、観光などの日韓交流が活性化が推進される起爆剤になればと思う。
江原道は森林率が70%を超え、海、湖、山の美しい自然、スポーツ、食、四季の変化など観光という面でもポテンシャルの高い地域である。現地でコーヒーの焙煎体験、ビビンバ作りなどを体験。
今回はお忙しい中、スタッフの皆様が大変丁寧、親切に案内、説明をいただき、夜は熱烈歓迎を受けた。その思いやり、おもてなしはとても素晴らしかった。何よりも忙しい中、大阪観光局観光特使として皇甫 官がサポートに来てくれたことがとても嬉しかった。皇甫 官と出会って22年、いつも変わらず兄弟の付き合いを続けてくれる皇甫 官に感謝したいと思う。
是非来年2月には平昌オリンピック・パラリンピックに応援、観戦に行きましょう!
8月16日 京都の弟夫婦の家族、愛犬ぶんちゃんと会いました!
今日は京都の弟夫婦の家族、愛犬ぶんちゃんと会いました!
3ヶ月ぶりのぶんちゃんは最高の愛嬌でおもてなし、大いに癒されました!
私の京都の実家は左京区の修学院エリア。比叡山のふもと、景観、豊かな自然、大変リラックスさせていただいた。
8月13日 日本テレビ バン記者 に出演しました。
今日は日本テレビ バン記者に出演。今日は最近の政局、フェリーの人気、海上保安庁のフィリピンのコストガードの支援などをテーマとしてCMプランナーの福里 真一さんとともに参加。
福澤 明さん、夏目 三久さんの司会の下、楽しく過ごさせていただいた。
福澤さんは大変研究熱心、クレバーな方で短い時間で見事にポイントをまとめていただく。
夏目さんは大阪府箕面市出身。中高は京都の学校。私と共通の話が多く、バン記者以外にもTBS あさチャンなどの番組でも何度かご一緒させていただいた。明るく、思いやり、ユーモアがあり、われわれ出演者を大変和ましてくれる。
バン記者はスタッフ、現場の雰囲気がよく、一体感があり、チームワークが最高である。
今日はさまざまなテーマであったが、私の政治、観光、地方創生への思い、また2025万博誘致、IR、大阪港開港150年などで燃えている大阪の活力は番組を通じて伝えられたと思う。
8月7日 台風直撃の中、大阪観光局の集い、山形県鶴岡市の日本一のシェフ奥田政行さんの講演、懇親会は私の五郎丸キックなどで大いに盛り上がりました!
今日は大阪観光局の感謝のつどいで山形県鶴岡市でイタリア料理店「アルケッチャーノ」のオーナーシェフで、今や世界で日本一有名なシェフである奥田政行さんに、「食で地方を元気に」をテーマに講演。
奥田さんは、多額の負債を負いながら、東京、海外で研鑽を積みながら、山形県鶴岡市の地産地消を推進しながら、鶴岡市のユネスコ登録、ミラノ万博でのPRなど鶴岡市を「食の都」として国内外への発信を強力に行っている。その活動は鶴岡市のみならず、日本各地のレストランのプロデュース、食材の情報発信、日本の食文化、食材の魅力の海外発信など、今や日本一の食文化の伝道師の役割。
奥田さんの人生は夢へのチャレンジ、七転び八起き。ハングリーでガキ大将がそのまま大きくなったキャラ。
私は奥田さんと出会ったのは観光庁長官時代の7年前。鶴岡市への誇り、日本の食文化、食材への思い、地方創生への情熱に意気投合してそれ以来、大変いいお付き合いをさせていただいている。
奥田さんの地方創生、ビジネスのノウハウ、人材育成は今日の講演を聞かれた皆様は大変勉強になったと思う。
私は農水省の食文化の受け入れ環境整備の委員会など多くの場面で一緒になることが多いが、これからも大阪と鶴岡市の「食の都の交流」など多くの場面でいい付き合いをしていきたい。「持つべきは友」、奥田さんのような素晴らしい人物を友に持つことを幸せに思う。
今日は懇親会で奥田さんに対抗して2019ワールドカップラグビーの機運醸成のため、五郎丸ポーズでコンバートのキックを見事成功。
台風直撃で天候は大荒れだったが、大阪観光局のスタッフの皆様、奥田さん、参加された賛助会員の皆様のご協力で大変内容のある集いになった!
2017.7月
7月31日 大阪観光局の仲間と一緒にカブトムシ、クワガタを採りに行きました!
今日は大阪観光局の仲間中村君、吉本君、阪口君、林君、木村さん、藤田さん、そしてレレレのおやじの中島君も特別参加して大阪府能勢町にカブトムシ、クワガタを採りに行きました。㈱環境総合テクノスの上田 徹さんのナビで能勢町のくぬぎ林にチャレンジ。
蜜がたくさん出る木が沢山あったが、結局、カブトムシのメス1匹、ミヤマクワガタのオス2匹、コクワガタのオス1匹を採集。
今日は木村さん、吉本君、中村君のお子さまも参加。私も子供の頃、夏はほとんど毎日、仲間と近所の山にカブトムシ、クワガタをよく採りに行ったものだ。クヌギ林の蜜の匂い、蜂、蛾が飛び交う中での捕まえた時の感動はいくつになっても忘れられない。
皆様も是非今年の夏は山にカブトムシ、クワガタを採集に行きましょう!!
7月29日 第4回ABMORIに市川海老蔵さん、長野県阿部知事、山ノ内町竹節町長などと一緒に植樹しました。
今日は長野県山ノ内町で第4回ABMORIに参加。ABMORIは4年前、地球温暖化に危機感を抱いた市川海老蔵さんから植樹の相談を受け、長野県阿部知事、山ノ内町竹節町長の理解、協力を受け、植物生態学者の宮脇昭さんのアドバイスの下、2014年6月から長野県山ノ内町志賀高原でスタートした。
日本の魅力である四季の変化、美しい景観、美味しい食、水、空気は、まさに日本の豊かな森林の賜物。市川海老蔵さんは、亡くなった妻麻央さんから森林再生の必要性について強い影響を受けた。
ABMORIはまさに麻央さんの思いのこもったプロジェクト。第1回の時から毎回、市川海老蔵さんと一緒に麻央さん、長女麗禾ちゃん、長男勸玄ちゃんが一緒に参加。
今日のABMORIは全国から約1500人が参加して雨の中、約10000本の苗を植樹。亡くなった麻央さんへの思いを込めて私も皆様も強い思いを持って植樹させていただいた。
先週は私は北海道、上海、大阪にいたが、北海道は例年の気温を5℃上回る気温、上海は気温40℃の猛暑。日本各地域で高温多湿、大雨など地球温暖化の影響はとても深刻な状況であると思う。ABMORIの理念である、「後世に残そう森・水・いのち〜志賀高原から世界へ 未来へ」は世界規模で緊急に取り組むべき課題である。私もABMORIに 関わってから、日本各地域の植樹に関わっている。
森林は日本の宝物であると共に将来の世代に必ず残さなければならない。今後も市川海老蔵さんと一緒にABMORIの活動を全国、世界に広めると共に、日本各地域の皆様が森林の保全、再生に興味を持ち、活動してもらいたいと思う。
一回目,二回目、三回目のABMORIで植樹した森林は厳しい冬、積雪を乗り越え、着実に成長していた。麗禾ちゃん、勸玄ちゃんの成長と同じように。今回も天国から麻央さんが麗禾ちゃん、勸玄ちゃんが元気に植樹している様子を温かく見守っていていただいたと思う。
植樹は準備、メンテナンスに非常に労力を要する。ABMORIを支えていただいている長野県、山ノ内町のスタッフ、ボランティアなど多くの関係者の皆様に感謝申し上げたい。
7月27日 上海で大阪市吉村市長と大阪をアピール!!中国最大手のインターネット旅行会社の Ctripと業務協定を締結しました!
26日 27日に上海出張。大阪市は1974年に上海市と姉妹都市を締結。今回は貿易、物流、投資、観光などの分野で交流。
26日は上海市許副市長を訪問。私の方から大阪市をホームタウンとしてセレッソ大阪のユニフォームを贈呈。私は大分トリニータ社長時代、上海と大変ご縁があり、上海のプロサッカーチーム上海申花と業務協定をして交流試合、ユースで共同合宿を行った。セレッソ大阪は現在リーグ戦一位、セレッソ大阪のパワーを上海市の皆様に伝える共にこれを機に上海市と大阪市との間にセレッソ大阪などサッカー交流、バスケットボール、卓球などスポーツツーリズムの推進を行っていきたいと思う。
27日は上海市旅游局 程副局長とランチミーティング。観光庁長官時代から面識のある程副局長はとても義理固くユーモアのある方、ビリケンを贈呈したあと、私と一緒に水泳のポーズ。今後、スポーツ、文化などの分野で観光交流を進めたい。
また中国最大手のインターネット旅行会社のCtripと業務協定を張副総裁と吉村市長の立ち会いの下で締結。Ctripは中国最大手、世界第二位のインターネット旅行会社。約3億人の会員、アプリ17億ダウンロードを有する。今後この業務協定により、昨年は372万人で来阪外国人観光客数の約40%を占める中国人観光客数の増加を促すと共に共同でマーケティング、リサーチを行い、大阪の魅力開発、顧客の満足度向上、受け入れ環境の整備などを行って参りたい。
また午後は吉村市長、大阪の観光関係者の皆様と一緒に大阪の魅力を中国のマスコミ、観光関係者の皆様にアピール。私も金ピカ、夏らしくスゥイマーの格好に返信してアピール。USJ、海遊館、JAL、JR西日本、京阪、南海などの皆様のプレゼンもとてもインパクトがあった。
上海市は食文化、エンターテイメント、伝統的な文化など魅力たっぷりである。特に足つぼマッサージ、耳掃除(大量の耳かすを除去してもらった)は世界レベルである。
まちの活力、賑わい、おもてなしの精神は大阪に近いものがある。今後も大阪と上海の交流促進に努めていきたいと思う。
7月25日 桂由美さんのファッションショーに出席しました。
今日は長年親しくお付き合いしている桂由美さんのファッションショーに出席。
桂由美さんはシンガポール、タイ、インドネシア、ベトナムなどアジアを中心にブライダル、ウェディングドレスの文化を長年、世界に普及されている。観光庁長官時代から、ブライダルツーリズム、東北復興、クールジャパンなどのプロジェクトで大変お世話になっている。
今日は大阪のザ・シンフォニーホールで慈慶学園の皆様のご協力の下、ダンスあり歌ありのとてもエキサイティングなショーであった。
桂由美さんは永遠の少女のごとく、夢、純粋なハート、情熱をお持ちでいつも夢にチャレンジされているとても素敵な方である。桂由美さんとは末長いお付き合いをしていきたい。そして私も必ずいつの日か桂由美さんプロデュースの結婚式をあげられよう頑張ろうと思う。
7月23日 北海道の士別マラソン走りました!増田明美さん、土佐礼子さん、福士さんと大いに盛り上がりました!
今日は北海道士別市で第31回士別マラソンにチャレンジ。
士別市は40年前から陸上を中心に合宿に力を入れており、今日は31回目のマラソン大会。
前夜祭は増田明美さん、土佐礼子さんとともに参加。今日は私は久しぶりのマラソンなので5キロの部を30分で完走。気温24℃、美しい風景、爽やかな天気、沿道の温かい声援、最高の気分で走ることができた。
士別市は観光、スポーツ、食を中心に長い年月にわたり、合宿(年間約20000人)を中心にスポーツツーリズムを推進している。今回の参加者は約2000人であるが、とても質の高い運営、環境であり、今後外国人アスリートの参加など発展の可能性を感じた。何よりも北海道のマラソンは気候、風景、食という意味でとてもポテンシャルの高さを感じた。牧野市長を中心に関係者の皆様の大会への情熱もとても素晴らしかった。
増田明美さんはとても思いやり、ユーモア、研究熱心な素晴らしい方である。昨日、今日も2人で楽しいトークをさせていただいた。また明美さんのご主人もとても優しく、クレバーな方でとても仲のいい素敵なご夫婦であった。アテネオリンピック5位で世界的なランナーであるのに謙虚で優しい土佐礼子さん、当日いきなり参加したギャグ満点の世界的ランナーの福士さんなど、マラソンを通じてとても素晴らしいコミュニケーション、出会いがあった。
大会運営にご尽力いただいた牧野市長など関係者の皆様に感謝したいと思う。そしてまた秋、どこかでマラソンにチャレンジしたいと思う。マラソン、最高!!
7月22日 北海道の剣淵、幌加内、和寒、士別を訪問。魅力たっぷりでした。
今日は北海道の剣淵町のアルパカ牧場、和寒町のたま入れ体験、幌加内町の朱鞠内湖、そば体験、士別市の羊と雲の丘を訪問。
剣淵町は映画「にんじん」 の舞台になった絵本の里、アルパカ牧場から見た美しい風景、日本一のそばの生産地であり、高校をはじめそばを作る文化が定着している幌加内町、カボチャ、越冬キャベツ、全国たま入れ選手権の和寒町、羊の里、米を中心に豊かな食の資源、日本有数の合宿の聖地である士別市を訪問。
気温が23℃、爽やかな空気、ヨーロッパを彷彿させる美しい風景、穏やかな羊の表情、新鮮で美味しい食材、精神、肉体ともに大変癒された。
夕方からは士別市で講演後、士別市 牧野市長、和寒町 奥山町長、剣淵町 早坂町長、幌加内町 細川町長と意見交換。
スポーツ、食を中心に4市町が広域連携して世界に通用する観光資源のブランド化、マーケティングの強化、受け入れの強化などを行うことを確認。このエリアは日本一寒暖差が大きいエリア(夏は30℃を超え、冬はマイナス30℃を下がる)であり、そのことが、ユニークな食、景観、スポーツ資源を提供してくれる。このことがオンリーワンとしての突破口になるのではと思う。
7月15日 大阪城ウォーターパークbyハウステンボスのオープニングに参加。ジャンピングスライダー初滑りにチャレンジしました!
今日は今や大阪の夏の風物詩になりつつある大阪城ウォーターパークのオープニングに参加。ハウステンボス澤田社長、大阪観光大使のアンミカさんとテープカット。オープニングの前には可愛い柴犬に激励を受けた。
大阪城を見ながらプールを楽しむ、飲食も充実しており、迫力満点のジャンピングスライダー、夜はLEDを活用したトンネルスライダー、3Dマッピング、音楽、ダンスの演出など、昼、夜ともに家族連れ、カップル、友人同士に大いに楽しんでもらえると思う。昨年は7月15日から8月31日まで約15万人のお客様がご来場いただいたが、今年は国内外約30万人を目標にしたいものだ。是非大阪城を見ながらのプールを多くの皆様に楽しんで欲しい!
今日は早速、ジャンピングスライダーにチャレンジ。大阪城を見ながら、スビード、スリルは最高であった。
今日は6月30日に退任したマギーこと中島君がサポートに来てくれた。退任しても最後までサポートする彼の義理人情の厚さは大したもの。オープニング後、元ミスユニバースと一緒に嬉しそうに写真に映っている姿がとても印象的であった。有難う!マギーちゃん!
7月15日 大阪城ウォーターパークbyハウステンボスのオープニングに参加。ジャンピングスライダー初滑りにチャレンジしました!
今日は今や大阪の夏の風物詩になりつつある大阪城ウォーターパークのオープニングに参加。ハウステンボス澤田社長、大阪観光大使のアンミカさんとテープカット。オープニングの前には可愛い柴犬に激励を受けた。
大阪城を見ながらプールを楽しむ、飲食も充実しており、迫力満点のジャンピングスライダー、夜はLEDを活用したトンネルスライダー、3Dマッピング、音楽、ダンスの演出など、昼、夜ともに家族連れ、カップル、友人同士に大いに楽しんでもらえると思う。昨年は7月15日から8月31日まで約15万人のお客様がご来場いただいたが、今年は国内外約30万人を目標にしたいものだ。是非大阪城を見ながらのプールを多くの皆様に楽しんで欲しい!
今日は早速、ジャンピングスライダーにチャレンジ。大阪城を見ながら、スビード、スリルは最高であった。
今日は6月30日に退任したマギーこと中島君がサポートに来てくれた。退任しても最後までサポートする彼の義理人情の厚さは大したもの。オープニング後、元ミスユニバースと一緒に嬉しそうに写真に映っている姿がとても印象的であった。有難う!マギーちゃん!
7月11日 夏到来!大阪泉州夏祭り(2017年8月26日、27日 大阪府泉南市)の記者会見しました!
今日は「大阪泉州夏祭り」の記者会見。記者会見にはこのプロジェクトの責任者である㈱トライハードマネージメントの大付社長、竹中勇人泉南市長、竹山修身堺市長、肉フェス 遠藤 衆 社長、スタンスネイション・ジャパン窪田 明男取締役が出席。
今回の祭りは音楽、花火、肉フェス、車の展示などから構成される複合型イベントとして、約90000人の集客が予想されている。また今回は大阪をこよなく愛した故やしき たかじんさんの思いをくんで、一般社団法人OSAKAあかるクラブの協力の下で行われる。記者会見には故やしきたかじんさんの等身大パネルが登場。
関西国際空港から堺市に至るこのエリアは堺市のお茶文化、相撲、包丁、刀などのものづくり、岸和田市のだんじり祭、泉佐野市の犬鳴山温泉、泉南市、岬町のビーチ、貝塚市のプラネタリウム、卓球など魅力あるコンテンツが豊富。
関西国際空港には昨年、年間約600万人の外国人観光客が入国しているが、大半がこのエリアを通過して大阪市、京都方面に行ってしまう。
今回の祭りは泉州エリアの自治体が広域的に連携して、このエリアの魅力を国内外へ発信力を高めることを目的としている。
花火がとても迫力があるようで、多くの人に来てもらいたいものだ!そして祭りを成功させて、花火が大好きであった天国のやしきたかじんさんを喜ばせてあげたいと思う。
7月9日 今日は京セラドームのプロ野球 オリックス対ロッテ戦(大阪観光局 OSAKA めっちゃLOVEやDAY)で始球式。121キロ、インコースのストレートでT岡田選手と対決!!
今日は京セラドームのプロ野球オリックス対ロッテ戦を大阪観光局が協賛。
私も試合前にスピーチ、始球式。今年こそ125キロ超えを目指したが、残念ながらT岡田選手相手に121キロ。
パワー溢れるオリックスのファン、リズム感ある応援で有名なロッテファンの前での始球式はとても感動した。
今日は観客も30000人近く集まり、試合も吉田正が復帰、活躍したオリックスが4-0で完勝。大阪の市町村のゆるキャラが登場したり、大阪の歌謡曲の聖地づくりで頑張る中村泰士さんの国家斉唱、大阪のPRなど大阪の魅力たっぷりであった。
オリックスは大阪の宝。4位ではあるが、是非後半戦頑張って、今年こそ日本一、御堂筋パレードを実現したいものだ。
プロ野球はスポーツエンターテイメントとして女性、外国人の観客が増えており、スポーツツーリズムの有力なコンテンツ。
Jリーグではセレッソ大阪が首位になっており、スポーツで大阪を是非元気にしていきたいものだ!
7月7日 日韓トンネルのプロジェクトのソウルの会合に参加。基調講演して来ました!
今日はソウルで開催された日韓トンネルのプロジェクトの会合に参加。
日韓トンネルは釜山と佐賀県唐津 270キロをトンネルで結ぶプロジェクト。すでに日本では33都府県で推進県民会議が設立され、釜山市でも調査費が今年度予算計上されている。
政府、両国政府のコンセンサスを得るにはまだまだ課題、ハードルがあるが、アジアのダイナズミを取り組み、日本がユーラシア大陸のターミナルの機能を持つ、日中韓交流の推進に資するプロジェクトとしてこれからも応援していきたいと思う。
今日は韓国の政府、大学、弁護士、民間などの関係者の皆様が出席。私のソウルの弟である皇甫 官も出席。日韓交流の推進のためにも粘り強く頑張っていきたいと思う。
2017.6月
6月30日 2年間の勤務有難う!レレレのオヤジこと中島啓一君!!
今日職場を大変盛り上げてくれた部下レレレのオヤジこと中島君の惜別の日。HISから出向して2年、職場のムードメーカーとして貢献してくれた功労者。仕事でも大阪観光局の新しいロゴの作成、マーケティング、大阪城ウォーターパーク(大阪城公園で夏プールを開設)など多方面にわたり大活躍。
彼のレレレのオヤジ、相撲など多くのスタッフがお笑い、元気をいただいた。
7月1日からはアパレルメーカーの「スタジオ ラ モモ」の副社長に転身。子供服のアパレルメーカーで、是非レレレ旋風を起こしてもらいたいものだ。
彼はとても義理堅い、礼節のしっかりした好青年。新天地での大活躍を心から願うと共に、これからも長い、いい付き合いをしたいと思う。
6月23日 麻央さん、思いやり、愛情、優しさ、勇気を有難う!
市川海老蔵さんの奥様の麻央さんが亡くなられた。乳ガンで闘病生活を送り、最期まで家族への愛情、そして皆様に元気、笑顔を与え続けた麻央さんの素晴らしい生き方。そして全身全霊で看病された市川海老蔵さん、そして家族の皆様の愛情、絆。市川海老蔵さんの記者会見の言葉を聞き、私も悲しみで号泣するとともにあらためて家族愛、家族の絆の尊さを強く感じさせていただいた。
市川海老蔵さんとは、ABMORI(2014年から地球環境を守るため、毎年、長野県山ノ内町で植樹)、忍者などのクールジャパンなどで親しくお付き合いさせていただいている。市川海老蔵さんは歌舞伎、日本、日本の文化、歌舞伎を愛する気持ちは人一倍強い。私も大いに刺激、元気、アイデアをいただいている。
特にABMORIは麻央さんが植樹をされていたことをきっかけに始まったプロジェクト。2年前は麻央さん、長男のかん玄君、長女の麗禾ちゃんも一緒に参加いただいた。
今回の麻央さんが亡くなられたことに強く悲しみを感じるとともに、最期まで家族、皆様のために全力で頑張った麻央さんのためにも、麻央さんの思いにこたえられるよう、私も頑張っていきたいと思う。
今年も7月29日山ノ内町でABMORIで市川海老蔵さんと一緒に植樹を行う。麻央さんの思いのこもったこのプロジェクトはこれからも市川海老蔵さんと一緒に大切に育んでいきたいと思う。
麻央さん、本当にお疲れ様でした。感謝の気持ちで一杯です。これからも天国から我々を見守っていただくとともに我々も麻央さんのために頑張ります!
6月20日 横綱 白鵬関、時津風親方にお会いしました!大阪をスポーツの聖地に!!
今日は摂津倉庫株式会社 浅野社長のご尽力で横綱 白鵬関とお会いして、横綱の相撲への愛情、日本を愛する気持ち、相撲文化を広めたいという熱い思いに感動した。白鵬関は相撲は一流、人格、見識も一流の素晴らしい方であった。特に相撲、日本の歴史についての知識はとても豊富で、今後、大阪を相撲の聖地にするにあたって積極的にご協力していただけることになった。
また今日は時津風親方ともお話する機会に恵まれ、大阪城を活用した相撲の土俵入り大阪城ホールを活用した巡業、大阪における相撲文化の普及などについて意見交換をさせていただいた。
大阪は歴史的にも、長く相撲文化が育まれたまちである。相撲を国内外の観光客に見る、するなどの体験、参加型で楽しんでいただけるようブランド化するとともに、あわせて小学校の体育の授業に相撲のカリキュラムに入れたり、相撲の普及、相撲によるまちづくりに取り組んでいきたいと思う。
白鵬関、時津風親方ともに相撲への愛情、大阪に対する思いが強く、是非お二人のご協力、ご指導を得て、大阪を相撲の聖地になるよう、努力していきたいと思う。
2人には大阪名物のビリケンをお渡ししたが、大変喜んでいただいた。
時津風親方とは今年の秋、ガチンコで対決することを約束させていただいた。頑張るぞ!!
6月18日 静岡エコバスタジアムの日本代表対アイルランドの試合に行きました!2019ワールドカップラグビーを盛り上げましょう!
今日は静岡県スポーツ担当補佐官として、2019年ワールドカップラグビーの静岡県開催の気運醸成、ワールドカップラグビー開催の受け入れ環境の整備、レガシーの打ち合わせのため、大会の開催会場になる静岡県エコバスタジアムに日本代表対アイルランドの試合を観戦に来た。
試合はアイルランドに50対20で敗退したものの、スタジアムには約27000人の観客が集まり、スタジアムは大いに盛り上がった。
試合後はヤマハラグビー部 清宮監督、上田ラグビー部長、静岡県 鈴木理事、望月スポーツ局長と2019ワールドカップラグビーに向けての課題、レガシー、今後の戦略などについて意見交換を行った。
(1)ラグビーの小中校の育成システムの充実、(2)小学校などの教科書、企業研修などにラグビーの理念(協調、団結、自己犠牲、フェアプレー、相手へのリスペクト)を教育のカリキュラムに入れる、(3)静岡県に本格的な総合型スポーツクラブを育成、(4)ヤマハラグビーをオール静岡で支援して世界レベルの強豪チームを育成してラグビーを見る文化を育成するなど短期中期長期の戦略を整理した。
2019年ワールドカップラグビーまであと2年あまり。静岡は2019ワールドカップラグビーで多くのレガシーを残せるポテンシャルを感じた。
エコバスタジアムには、私が副会長をしている日本忍者協議会のMaster of Ninja の五郎丸選手の像があり、私も思わずポーズ。
五郎丸選手は夏以降、ヤマハラグビー部に復帰が有力視されている。またトップリーグで是非その勇姿を是非見たいものだ。
清宮監督、上田部長はいずれも大阪出身。大阪は東大阪市で開催される。花園ラグビー場はまさにラグビーの聖地。大阪にも2019ワールドカップラグビーのレガシーが残るよう、全力で取り組みたいと思う。
6月2日 今年も大阪城公園で大阪城ウォーターパークを開催。記者会見で金ぴか、スウィーマーの格好で北島康介ばりに盛り上げました!
今年も7月15日から8月31日まで大阪城公園で都心で巨大なプール「大阪城ウォーターパーク」がハウステンボスの企画運営で開催される。
昨年は私も大いに楽しませていただいたが、スリル満点のジャンピングスライダー、マッピングで演出のナイトプール、スノーパークなどに加え、今年はLEDの光のトンネル120メートルウォーターロングスライダー、高さ10メートル急降下・急上昇 ブーメランスライダーなど新しいアトラクションスライダーが登場。
大阪城を見ながら、家族連れ、カップルが楽しめる魅力あるエンターテイメントとして国内外から多くの皆様を集客したいと思う。特に夜はDJイベントでクラブ、ディスコの乗り。大人の空間として是非おすすめしたい。
今日はオープンに備え、ハウステンボス澤田社長、大阪城パークマネジメント株式会社 木下社長と記者会見に出席。私も金ぴか、スウィーマーの格好で北島康介ばりに盛り上げさせていただいた!
2017.5月
5月28日 日本相撲協会訪問!!これから相撲とコラボして関西、大阪を盛り上げます!
今日は日本相撲協会を訪問して、高崎親方(元金開山)、西岩親方(元若の里)と今後の相撲の海外発信、相撲のまちづくり、相撲体験、教室などについて話し合った。
子供の頃、よく砂場で相撲をとったものだ。相撲の、相手を重んじる、間の空間はまさに日本独自のコンテンツであると思う。
今後、相撲協会と連携しながら、相撲の魅力を国内外に発信していきたいと思う。
今日お会いした高崎親方、西岩親方はお二人とも、夢、情熱のある素晴らしいお方である。特に西岩親方は一緒にガチンコ相撲をしたり、断髪式に行かせていただいた間柄。
このような形で再会できてとてもハッピーであった!
5月24日 頑張れ奈良クラブ!ひさしぶりに矢部 次郎君に会いました!
今日はJFL奈良クラブ 矢部 次郎理事長、河合ジュニア監督、深田君、瀧澤君の訪問を受けた。
奈良クラブは設立12年でJFLで頑張っている。矢部理事長は、奈良育英出身。私が大分トリニータGMの時代に2001年、2002年鳥栖に在籍しており、大分トリニータがJ1昇格を目指している時期に戦った相手方の選手。当時の戦った試合のこと、大分トリニータに在籍した川崎元気選手と仲のいいということもあり、いろいろ懐かしくお話をさせていただいた。
私もゼロからスタートして県リーグ、九州リーグ、JFL、J2、J1、ナビスコカップ優勝などを体験しているので、その時の失敗、挫折、教訓などの話をした。
奈良クラブはスポンサー確保など経営基盤の強化、チームの強化、スタジアム、練習場の確保などさまざまな課題があるが、矢部君などスタッフの皆様は大変情熱的に地道に頑張っている。
矢部君には夢を持って、あきらめずチャレンジして欲しいとエールを送った。
奈良から日本一、世界へ、頑張れ奈良クラブ!
5月20日 天童よしみさんとお会いしました!「道頓堀人情」歌碑除幕式に参加しました!
今日は大阪市の道頓堀リバーウォークで大阪府八尾市出身、「道頓堀人情」など数々の名曲を歌い、デビュー45年の天童よしみさんの歌碑除幕式に参加。
天童よしみさんは一流の歌手として、ユーモア、思いやり、謙虚な素敵な方であった。今日は日本の歌謡曲のレジェンドの作曲家の中村泰士さんも出席。大阪のミナミを歌謡曲の聖地になる契機になればと思う。
子供の頃、天童よしみさんの「田舎っぺ大将」の「一つ人より力持ち、二つふるさとあとにして〜」をよく歌ったが、なんとセレモニー後、天童よしみさんと一緒に歌う機会に恵まれ、超感激!!天童よしみさんはユーモア、思いやり、謙虚なとても素敵な方だった。
今日は天童よしみさんの歌碑除幕式のあとに全旅連主催の地旅フェスタ2017に参加。道頓堀は今や外国人観光客のパワースポット。文化、エンターテイメント、食、おもてなし、思いやりのテーマパークとして魅力向上していきたいと思う。今日は金ぴか衣装、真田幸村のかぶとなどで楽しく、盛り上げさせていただいた!
5月17日 大分トリニータ魂は、絆は不滅です。清武君、高橋大輔君と食事しました!
今日は私が大分トリニータ社長時代、苦楽を共にしたセレッソ大阪 清武選手、高橋大輔U23コーチと食事を共にした。
清武君は今年からセレッソ大阪の司令塔として活躍。日本代表として世界の清武の道を歩んでいる。
高橋君はU23のコーチとして若手育成に努めている。
かつて大分から日本一、世界を目指した仲間の絆は深い。このように何年たってもお互いに連絡、鼓舞しあう関係が築かれている。
大阪の地でまためぐりあって三人であえてとても嬉しかった。
今年はセレッソ優勝、清武君日本代表で2018ワールドカップ出場決定、大阪の万博、IRの推進、トリニータ魂でお互いに切磋琢磨して大阪を盛り上げたいと思う。
5月2日 あの「小宮 悦子」さんと対談しました。
今日はかつてニュースステーションで久米さんと名コンピの小宮悦子さんと対談しました。
テーマは私の夢、七転び八起きの人生、逆境人生、地方創生、観光立国への思いなどについて、総務省入省、2002年ワールドカップ招致、立命館大学アジア太平洋大学の開学、Jリーグ大分トリニータ設立、公務員退職+社長専念、ナビスコカップ優勝、観光庁長官時代(観光立国、東北復興)、2020東京オリンピック招致、大阪観光局理事長(関西、大阪の復権、2025万博誘致、IR立地、大阪を世界屈指の国際観光都市へ)などについて対談した。
小宮悦子さんはとてもクレバーでユーモア、そして切れ味抜群の素晴らしい方であった。
約2時間強の対談はあっという間に終わった。この対談は5月中旬以降、WEBトーク「Dの選択」(大和ハウス工業 Presents)で放映される。私が二人目で一人目は私が長年お世話になり、大変尊敬させていただいている、日本サッカー協会のキャプテン「川淵 三郎さん」 。
是非皆様に見ていただければと思います。
5月2日 弟夫婦の愛犬「ぶんちゃん」に癒されました!
今日は4ヶ月ぶりに京都の弟夫婦の家族の愛犬ぶんちゃんと楽しいひとときを過ごしました。
4ヶ月ぶりの文ちゃんは最初は尻尾を降りながら、私に吠えるという、矛盾したおもてなし。
私がでれでれしているのに文ちゃんはクールな対応。
とても楽しく、癒されました!文ちゃんの寝顔は最高です!
and more